保育士の安い給料から起こること

日本には様々な職業があります。

特別な資格やスキルが必要なものから特に何も必要ない、未経験でも可能という職業まで幅広くありそれぞれの業界ではそれぞれに問題を抱えています。
例えば子育て世帯にとって身近な存在である保育士ではどうでしょうか。


待機児童という言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。



待機児童というのは保育園に入りたくても受け入れる余裕がない為入れない児童のことです。

つまりは、顧客は待たせるほどにあるということが言えそうですが保育士という職業はそれほど単純なものではなさそうです。

実際、保育士の業界では人材不足が叫ばれている状態で、業界で活躍中の人材は引く手数多のようです。
この人材不足が受け入れ体制が整わない原因となっています。

業界が人材不足に悩む根底には保育士という職業の見られ方に問題があります。



小学校教員と比較しても平均して10万円以上の開きが見られ、教員は教育者として見られるのに対して保育園では福祉として見られがちです。


資格を取ろうとしたとき福祉の分野で探してしまう人も多いのではないでしょうか。こうした背景も影響してなのか給料は平均で20円程度と、社会全体平均で30万円近いということから言ってもその水準は低くなっています。これでは保育士という仕事に対してのメリットは客観的に見ることはできず、結果として人材不足に陥ってしまいます。



こうしたイメージの払拭と待遇の改善がこの業界では今後解決していくテーマになるのではないでしょうか。