私立の保育士の給料について

これから保育士を目指して勉強をしている人もたくさんいますが、大体どれぐらいの給料がもらえそうなのかは誰もが気になるところでしょう。

働く以上はその労働に見合った賃金が欲しいと思うのは当然の事です。

ただ、これまでは賃金は低い傾向にあるといわれ続けていたのも事実なので、生計を立てるという点では悩ましい所でしょう。民間の私立の保育園も増えている中で、私立の方がどちらかと言うと給与はやや効率よりも低いと言われています。



年間でも月に約10万円近くの差があるといわれているのですが、私立だと子育てなどで一旦離職する人も多いため、ブランクが出来てしまって勤続年数が短くなるためともらえる額が少なくなってしまうのです。
今後の見通しとしては保育士も私立の方が増えていくというような時代になります。



初任給の頃は変わらなくても勤続年数で差が出ていたというようなことはなくなるだろうと考えられています。公立と私立を含めた平均として、保育士の給料は年収で約300~350万円ぐらいが目安となります。


子供たちと向き合い成長を見守っていく事ができるというやりがいはあるものの、それが賃金という形に反映されない、されにくいというのは働く側としては考えてしまう部分もあります。
賞与などは安定的に支給されているので、職場を選ぶ時に待遇などの条件免をよく確認して長く続けていけそうな所を選ぶようにするというのが、賃金を増やしていけることになりそうです。