保育士の給料は公立と私立で初任給の差はありません

保育士の給料は、公立と私立では初任給こそ差はありませんが昇給による違いがあります。

公立の保育園で正社員として働くと地方公務員の給与規定で支払われますし、公務員の各種手当ても適用されます。
そのため、安定した状態で働けます。



また、公立の場合は昇給によって勤務年数が増えることで毎年給料が少しずつ上がっていきます。

そのため、公立の保育園の離職率は低いという特徴があります。私立の保育園で働く場合は、保育園によって給与や手当ては様々です。
そのため、条件面をしっかりと理解してから就職や転職を考えると良いでしょう。
派遣の保育士の場合は、時給900円から1200円前後で正規職員よりも高く設定されている場合が多いのが特徴です。


しかし、基本的にボーナスが支給されません。
勤務時間は自分の希望で選べますので、家庭を持っていて復職したいという方に合う働き方です。

保育園によっては、短時間労働は不可というところもありますので問い合わせると良いでしょう。
また、正規職員として働く場合は年金や保険などが2万円から3万円程度引かれますので、手取りは13万円から15万円程度が相場です。社会保険がない保育園で働く場合は、自分で年金や保険を支払うことになります。保育園の企業規模による年収の差はほとんどありません。そのため、規模の大小に惑わされることもありません。

都道府県によっては、福祉関係の仕事を優遇しているところもあります。

保育士の求人情報をお教えします。

そのため、給与面を重視するのであれば、保育士を優遇している都道府県で就職や転職を行うのが良いでしょう。



また、年中行事が多い保育園の場合、普段の仕事に加えて行事の準備に時間や労力を割く必要があるため、労働時間が長引いて仕事が過酷になる傾向がありますので、給料のみで就職先を決めるのは危険です。

しっかりと年中行事も調べておきましょう。